読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さしより備忘録

大人になる前に ここにいる証 僕と刻んでいこう

パルコの前のアレをJUMPに回してほしい

「パルコの前のアレ」と言ったら分かる人は分かると思うんですけど、私はパルコの前のアレが好きです。

ついつい触りたくなるアレが好きです。中高生になるとちょっと触るのが恥ずかしくなるけど、何人かでいると回しちゃうアレが好きです。止まってると回してあげたくなります。

待ち合わせの目印によく使われるらしいけど、実際のところはあまり使ったことがないです。

名前はよく分からないアレとJUMPが出会ったら…と考えてみました。


ちなみに「パルコの前のアレ」はこんなものです。丸くて水の力でくるくる回ります。



薮宏太くん

にこにこしながら、「え、これ何?」っていいながら触りそう。回ってない時に触って、回り出すのにビックリして、「回った!何これ?」ってさらに顔をくしゃっとさせて笑ってほしい。たぶん数回はくるくるさせると思う。他の人に「あれ回るよ、すごいから」って言ってちょっと自慢しそう。

八乙女光くん

通りすがりに見つけて、「あれ?何か回ってる?」と興味を持って近づいてきて、恐る恐る触りそう。触ってみて「おおーすげー」と言いながら強く押したり、反対に回してみたりしそう。周りに茶化されてモノマネなんかしてほしい。パルコの前のアレと八乙女光のモノマネのコラボが見てみたい。

髙木雄也くん

すっごくベタベタ触りながら回しそう。「すげーおもしれー」って言いながらぐるぐるしてそう。「超ツルツル!」っていいながら楽しそうにしててほしい。近くにいる子どもに水をかけられて「おいっ!」っていいながらもまだくるくる回してそう。

伊野尾慧くん

「へ?これ回ってる?」って言いながら近づいてきてしばらく見てそう。ずーっと見てて、ちょっと回してみて「すげー」って言いながらまた観察して、表面に映る景色に気がついて「これ、周りも映るんだね」って言ってくるっと回してほしい。ベタっと回すんじゃなくて、指先ですっと押す感じで回しそう。

有岡大貴くん

回ってない時に触って回り出して「うわっやばい」って少し焦りそう。回るものだと気づいてからはぐるぐる思いっきり回しそう。あっちに回したりこっちに回したり両手でぐるぐる回しそう。そして水をはねさせて周りから少し冷たい目で見られてちょっと恥ずかしくなるところを見てみたい。

岡本圭人くん

回ってることに気づかなくて、少ししてから「あ、回ってる」って気づきそう。指先でちょっと触ってみて、優しくくるっと回しそう。何回か指先でちょんちょんと触りながら回してほしい。そして空が映ることに気づいて「すごいね」ってちょっと嬉しくなるところを見てみたい。

中島裕翔くん

興味津々で最初から思いっきり回しそう。そして水をはねさせそう。ぐるぐる回したあと、下の溝から水をすくってアレの上にかけて何やってるの?と突っ込まれるところを見てみたい。思いっきり回した後に「止まれっ」と言ってみたりしてふざけそう。

山田涼介くん

内心わくわくしてるけどあまり興味なさそうに近づいてきて、少し周りを気にしながら触りそう。最初は片手で回して、次第に本気になって両手で回しだしそう。にこにこしながら「えいっ」とかついつい声が出てるところを見てみたい。

知念侑李くん

「これ、回るの?なんで?」と言いながらくるくると回しそう。しばらく回ってるを見て、回るのが遅くなったら反対方向に回してみて、その様子を見てそう。あんまり喋らなくなってじーっと回る様子を観察しているところを見てみたい。




実際のところパルコの前のアレを触ったり回したりするのは子どもが主で、あとは中高生の集団とかが回してます。ある程度の年齢になるとみんな触らなくなるアレですが、ぜひともJUMPくんたちには回してみてほしいです。いつかロケなんかで、アレとJUMPが出会うことを期待しています。



追記

パルコの前のアレの正式名称は「グラニットボール」と言うらしいです。しかも重さは約1トンだとか。驚きです。ツルツルしててくるくる回るすてきなオブジェです。出会ったときにはぜひ回してみてください。