読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さしより備忘録

大人になる前に ここにいる証 僕と刻んでいこう

黄金期じゃないJr.祭り

横浜アリーナで開催されたジャニーズJr.だけのコンサート「ジャニーズJr.祭り」。Mr.KING、Prince、HiHi Jet、東京B少年、SixTONES、Snow Man、Love-tuneTravis JapanとジャニーズJr.のグループがほぼ総出演し、Jr.boysとしてグループに所属していないJr.がたくさん出演しと総勢95人での大きなコンサートでした。


楽しかったです。今をときめくJr.たちを1度にたくさん見られて、いろんな曲を聴けて、パフォーマンスを見れて。自担のファンサするところをじっくり見ることもなかなかないので新鮮でした。


でも、正直つまらなかったです。私の感想なのでJr.担が何か言ってるな~ぐらいに見てもらいたいのですが、コンサートとしての完成度はどうだったのかな?というのが感想です。大きく理由は3つあります。



①緩急がない

緩急という言葉が当てはまるのか分からないけれど、どこで盛り上がっていいのか、どこでじっくり曲を聴けばいいのか、どこでパフォーマンスに注目してほしいのかはっきりさせて欲しかった。

【Jr.祭りセットリスト】
1 OH!サマーKING
2 Hi Hi Jet
3 MAGMA
4 BE CRAZY
5 情熱の一夜
6 eternal mind
7 LIPS
8 Not Enough
9 サクラ咲ケ
10 Thin_u x
11 Remedy
12 Loveless
13 愛は味方さ
14 BYAKUYA
15 SHE HER HER
16 FIRE BEAT
17 Amazing
18 So Crazy
19 Supernova
20 ZIG ZAG LOVE
21 For the Glory
22 NO WAY OUT
~Jr.boys紹介コーナー~
23 A・RA・SHI
24 ジェットコースターロマンス
25 愛なんだ
26 Only you
27 Real Face
28 ええじゃないか
29 ズッコケ男道
30 Venus
31 チャンカパーナ
32 Come On A My House
33 抱いてセニョリータ
34 Midnight Train
35 絆
36 ガラスの十代
37 Everybody Go
38 Sexy Zone
39 Za ABC
40 仮面舞踏会
41 Keep on

~グループ紹介MCタイム~

42 この星のHIKARI
43 テンション
44 HONEY BEAT
45 山手線外回り
46 Fighting Man
47 MU-CHU-DE恋してる
48 Call
49 Price Princess
50 Gravity
51 Acrobatic
52 Back to back
53 Be cool
54 闇を突き抜けて
~バスケパフォーマンス~
55 3秒笑って
56 Hair
57 What's your name?
58 Fantastic ride
59 ハローハルイロ
60 Bounce To Night
61 BAD BOYS
62 Go
63 世界に一つだけの花

〈アンコール〉
64 Keep on
65 勇気100%またはWAになって踊ろう

間違ってなければ65曲歌ってる。これを2時間に詰め込むので1曲にかける時間は短いし、MCという名のグループ紹介で客席が座る時間はほぼ無し。セトリが悪いとは思わないけれどさすがに曲数が多過ぎて1曲に浸る暇なく次の曲で余韻を感じる時間が無い。とにかく間がないのが印象的だった。バラードタイプの聴かせる曲が少なくて、ずっと突っ走ってる感じ。コンサートには盛り上がる、聴かせる、見せるの3つが必要だと個人的には思っているのだけれど、この差が小さくていまいち盛り上がりに欠ける感じがした。

Jr.の現場だからこそだとは思うけれど興味が無い曲やグループになると座る人続出でもったいない感じもする。盛り上がる曲なら立ってペンライトを振る人もっといるんじゃないかなと個人的には思う。佐藤龍我くんの「Sexy Zone…(囁き)」だったり、那須雄登くんの「BYAKUYA…(囁き)」だったり、Jr.の中でも若手のB少年にもちゃんとした見せ場があれば客席は歓声を上げていたから、ここを見てほしいっていう見せ場がはっきりしないのが緩急がないと感じる要因なのかもしれない。

そして新曲があまりパッとしない。グループ紹介MC前とアンコールで2回歌われた新曲「Keep on」。爽やかで今っぽくて「チャンスを待ってるだけじゃ何も変わらない」とか「見たことない景色を見に行きたい」とかJr.らしい歌詞。だけれど「みんなが隣にいる」「今日もみんなが笑うから」とちょくちょく出てくる「みんな」の文字。このみんなってファンじゃなくてJr.の仲間だと解釈すると、仲間は素敵だけどライバルなの忘れてない?ある意味グループが乱立してる今のJr.っぽい感じがしました。何回も聴けばきっと好きになるけれど、いい意味での衝撃がなくて残念。新曲がコンサートの一番の見せ場という感じでもなかったからそう感じたのかもしれない。祭りのセトリははっきりとしたメリハリがもう少し欲しかった。






②このコンサートのメインメンバーは誰なんだ?

オープニングはMr.KINGが登場したので多分Mr.KINGがメイングループだったと思う。それぞれソロもあったしね。だけれどどこのグループもパフォーマンスがしっかりしていて、Mr.KINGが特別にという感じがしなかった。それぞれのJr.やグループのパフォーマンスの完成度は高いと思う。ただ、みんな上手でよく出来るからこそ抜きん出たパフォーマンスがなくて、ここが一番の盛り上がり!!がなくて全体を見ると印象が薄く感じるのかなあと。

Hi Hi Jet担だからHi Hi Jetの子たちを甘く評価しがちだけれど、Twitterで流れてきた初日レポで「Hi Hi Jetはキスマイ」という評価がされていて、あの子たちはもっと出来るのにと思って入ったらまあキスマイ立ち位置のローラー要員という印象が拭えなくて少し残念でした。
個人的には他のグループも同じ感じでみんな出来るからこそのどんぐりの背比べ状態。この子が!このグループが!というのが感じられない。

リアルタイムで見ていないから憶測になるけれどタッキーだったり、Ya-Ya-yahだったりの存在がいないんじゃないかなと思う。だから、軸がない。メインがはっきりしないから、メインになるパフォーマンスがなくて、メインを先頭に周りを引き連れて俺らがJrだ!みたいな瞬間もなくて、とにかくグループでパフォーマンスを見せていく感じ。言い方は悪いけれど、今のJrにはこんなグループがありますよ~こんな事ができますよ~っていう見本市。優しく言ったら小学校の学習発表会って感じ。僕たちこんな事ができるから見て!みたいな。ファンとしてはたくさんJr.が見られるし、新しい子を見つけるには楽しい現場だったかも。






③Jr.たちよ競い合え

みんな仲良しなのは言いけれど、隣にいる人を蹴落として上に行かないとデビューできないんですよ君たち。夢を語る前にその本気を見せてくれよ。Jr.には飢えとか渇きとか渇望とかそんな感じの、もっとギラギラザラザラな欲望を持っていてほしいのが個人的な思いです。ジャニーズがよくやる対立形式も競い合ってこそ磨かれて、高められて、夢にしがみつく子が生き残る。それが、目的なんだろうなと思います。真剣に夢に向かう子の目は何よりも輝いているし、ぞっとするくらいに人の目を惹き寄せるからその子たちこそがジャニーズJr.として夢を掴みに行く気がしています。

今回のコンサートでは私の感想としては俺のファンを増やしてやる!もっと見ろ!感が出てる子が多くはなかったし、とにかくJr.同士が仲がよくて、ふざけて楽しんでる俺らも好きでしょ?って感じ。デビューがかかってるから必死なんです!!っていう気迫が感じられなかった。他のグループのパフォーマンス見て悔しくないの?もっと見せてやろう!もっと上に行こう!と思わないの?こんな広い会場でJr.だけのコンサートなんて正直チャンスだと思う。EXシアターの多ステが多いあの小さい会場じゃなくて、自分たち以外のグループのファンがいる会場なんて自分を売り込む絶好の機会なのにいまいちその覇気が足りない。Jr.にはデビューの夢を見させてほしいし、もっとぞくぞくさせてほしい。デビューができなければいつか辞めてしまう彼らを応援してるこっちは楽しみながらもけっこう不安なんだよ?

今回のパフォーマンスで一番エネルギーを感じたのはTravis Japan。こんなに少なかったっけ?と驚いたけれど、パフォーマンスから溢れ出る覇気が強かった。外周で踊る時にTravis Japanの立ち位置目の前の席で宮近くんの真剣な顔にドキッとさせられた。いろいろあったグループだからこその結束感と必死感が嫌いじゃない。それでこそJr.だし、生き残るために必死なところを応援したくなる。Jr.なんだからもっとデビューに必死になってくれ。Jr.内で勝ち上がったら次はもっともっと先輩がいる世界で一番下のグループからスタートして戦って行くんだからな!こんな感じでずっとやってたら正直先は暗いと思うよ。






以上祭りのつまんなかった理由と思われることと感想でした。
Jr.同士が仲良くて楽しそうなのに、コールして盛り上がる子が少なくて(あと声の出し方とかタイミングが上手ではなくて)会場との一体感が薄かったり、Jr.同士の一緒に最高のコンサートにしようという一体感もあまり感じられなくて、コンサートとしてはまだまだな感じがしました。
Jr.だけで横浜アリーナでコンサートと言う文字の並びに何かあるんじゃないかって期待してました。いい意味で期待を裏切るようなことが起こって欲しかった。たくさんのJr.がいて、グループを組んでいて、それぞれにファンがいて、黄金期だと言われることもあるけれど、黄金期にはJr.側の勢いが足りない気がしました。もちろん本人達だけでなくてオトナの要因も大きいと思うけれど。オトナにこの子は売れると思わせるようなことをやってほしい。

Can do! Can go!や明日に向かっての黄金期からずっと歌われてきた定番のJr.ソングがなかった今回のJr.コンサート。今がJr.の変わる時期であるのかなと思いました。コンサートにはエモく感じる瞬間が欲しいからJr.が歌うからこそ歌詞が響くような曲を歌って欲しかったんですけどね。追加公演が決定して出演メンバーも違う次のJr.祭りがどうなるか気になります。Jr.の本気を期待しながら次の祭り。そしてジャニーズ銀座を待ちたいと思います。